経理職の条件

経理部門での採用を目指す場合、どのようなことに気をつければよいかご存知でしょうか。 経理業務は仕事内容が特殊なので、企業側の必要とするニーズを知っておくといいでしょう。 現金を扱うこともありますし、会社の会計情報を扱う部門なので、守秘義務を守れる人でないといけません。 また経理業務は日々数字と向き合い、粛々と業務を進めていかなければなりません。 数字に強いのはもちろんですが、期日までに処理をこなしていく責任感や根気強さも必要です。 さらに経理業務の特性上、残念ながら横領等の不正が起きやすい部門でもありますので、真面目さや誠実さ等人柄も重要視されるでしょう。これらの傾向を踏まえて就職活動するとよいでしょう。

経理部門で採用されるには、前段で述べたような真面目さ、誠実さや責任感の強さだけではありません。 税務調査がある時は、担当者とのやりとりを任されることもあるでしょうから、コミュニケーション能力も必要です。また税務調査を乗り切るにはタフな精神力も要求されますので、経理部門が求める資質は実に多岐にわたります。 また資格についても必要ではありますが、資格さえあれば採用されるわけではありません。 資格以上に必要とされるのは実務経験です。若手であれば将来性を見越して資格のみでの採用もあるかもしれませんが、30歳以上となると実務経験も伴っていることが必要でしょう。 これらの事情を良く理解しておくことで、今後自分に必要な能力やスキルが見つかるはずなので、足りない部分を強化して採用を勝ち取れるようにしましょう。